バストアップ 彼女の胸を大きくした方法

ちょっと物足りなかった彼女の胸をみごとにバストアップさせた方法を紹介します

アミノ酸豊富な豆腐料理でバストアップ

2011年10月4日 | バストアップ食品 | コメント(0)

バストアップに必要な成分の1つはアミノ酸です。

アミノ酸は
人間の身体の細胞やホルモンなどを形成する栄養素なので、
女性ホルモンの活性化のためにもアミノ酸はとても大切な成分と
言えるでしょう。

大豆の中のたんぱく質には、人間なとって必要な
アミノ酸20種類が全て含まれています。
その中でも、体内で作り出す事ができないため食品から
摂取しなければいけない必須アミノ酸9種類も
とても多く含まれているのです。

ですから、大豆食品はバストアップをしたい人にとっては
大切な食品となります。
大豆食品の中でも、手軽で様々な料理に使えるのが豆腐でしょう。

バストアップに必要な成分が入っている他の食材と一緒に調理したり、
豆腐だけで食べたりと色々な形での摂取方法があります。

サプリメントなどを使わなくても、
食生活でバストアップを楽しむ事もできるでしょう。
豆腐はカロリーも低くヘルシーで栄養素たっぷりな食品なので、
美容には欠かせない食品と言えるのです。

クッキングも楽しみながら、豆腐で手軽なバストアップをしましょう。

 

バストのコンプレックスを解消しませんか?

バストアップを妨げる炭水化物のとりすぎ

2011年9月4日 | バストアップ食品 | コメント(0)

人間が生きていくうちで、様々な栄養素が必要となります。

しかし、必要と言われている栄養素でも過激に取り込みするのは
身体に良くありません…。
炭水化物を経口摂取する事によって、バストアップは豊胸効力が
期待できると思われている方も多いと思いますが、
それは誤解なのです。
確かに炭水化物は脂肪になりやすいので、
バストも大きくなる可能性はあります。

しかしバストだけではなく、
身体全体に脂肪がついてしまい太ってしまうので、
美しいバストアップではないでしょう。
バストが大きくなっても身体全体が太ってしまえば
次はダイエットをしなくてはとなってしまいます。

ダイエットを成功させれば、
またバストも小さくなってしまうので、
炭水化物で脂肪をつけてバストアップ
という方法はお奨めできません。
バストアップに求めな成分も炭水化物も
過激に摂取するのではなく、
全てを適度に取り込みする事を心がけましょう。
太る→脂肪がふえる→バストアップ
この見当違いを正して、
失敗を繰り返さないバストアップをしましょう。

ビタミン豊富ないちご、りんご、きゅうりでバストアップ

2011年8月31日 | バストアップ | コメント(0)

バストアップに必ず必要になるのは女性ホルモンです。

そのためには、女性ホルモンを活性化させる働きを助けてくれる成分を
摂取することがとても重要なのです。
ビタミンCは、女性には欠かせない成分で
美容美肌作用はもちろんの事、
抗ストレス作用を持っていますので、
ホルモン合成を助けてくれる作用があります。

ビタミンCはコラーゲンとも深く関わりがある栄養素です。

コラーゲンが不足してしまえば、
肌の弾力もなくなってしまい
バストの張りも失われてしまうのです。
ビタミンCはいろいろな食品に含まれていますが、
特にくだもの類に多く含まれています。

しかし、ビタミンCは水溶性ビタミンなので
加熱などをする事によって、
大幅にビタミンが減少してしまいます。

ですので、イチゴやリンゴなどのように、
そのまま食べる事のできるものから
摂取するのが良いでしょう。

くだもの類からの摂取は、調理の手間もはぶけるので
とても手軽だと思います。

女性ホルモンの活性化のためにも、
しっかりビタミンCも摂取して、
ハリのある素敵なバストをつくる努力をしましょう。

 

今日からバストアップを始めませんか?

たんぱく質を含んだ卵料理でバストアップ

2011年8月23日 | バストアップ食品 | コメント(0)

 卵料理

バストアップには、たんぱく質を摂取する事も肝心です。

たんぱく質は、卵の白身に多く含まれています。

卵料理は嬉しい事にいろいろな形があるので、
いつも一品作って食べても、あまり飽きがこないでしょう。
簡易なクッキングだと、ゆで卵や目玉焼きなどがありますが、
栄養成分のかたよりがないように、とりどりな食材とクッキングする事を
お勧めします。
ゆで卵でも、
マカロニサラダ菜などに混ぜてみたり、
野菜と輪切りのゆで卵を入れてグラタンに
してみるのも良いのでしょう。

グラタンのベシャメルソースも、
牛乳の代わりに豆乳を使うと、
イソフラボンも共々にに摂取することできます。

再度キャベツいっぱいのお好み焼きも、
キャベツの中のボロンという成分も経口摂取できます。

卵料理は様々な食材と合うので、
日々卵を使ったクッキングを作るのもとても簡単です。
卵はスーパーなどで手軽に手に入り、
料金もやすいのでたんぱく質を摂取するには
最良な食物なのです。

バストアップに成分な成分を含む食材と一緒に調理をして、
上手なバストアップをしましょう。

 

 

 

バストアップに豆乳いりのキャベツ炒め|イソフラボンとボロン

2011年8月21日 | バストアップ食品 | コメント(0)

バストアップには大豆などに含まれている
イソフラボンが良いと言われていますが、
キャベツもとても良いと言われています。
キャベツの中にある成分のボロンは女性ホルモンの1つ、
エストロゲンの文筆を活性化させる働きがあるのです。

エストロゲンの活性化は、女性らしい体型を作るために
欠かせないものなのです。

もちろんボロンは美肌効果もあり
美しいバストアップにはとても有効でしょう。
そこでイソフラボンを豆乳から、
ボロンをキャベツから摂取できる料理は、
一石二鳥な料理と言えます。
例えば、キャベツを含めた野菜炒めに
一工夫をしてみるのも良いでしょう。

豆乳でカレー粉を溶いて、野菜炒めにプラス!

こんな簡単な一工夫で、
少しクリーミーなカレー風味の野菜炒めで、
イソフラボンとボロンを同時に摂取できる料理になります。
豆乳とキャベツは相性も良いので、
まだまだたくさんのアレンジ料理が
できる事でしょう。

飽きがこないように色々な料理で
バストに有効な成分を摂取すると、
楽しみながらバストアップができます。

 

失敗だらけのバストアップから卒業しませんか?

1 / 15110...最後 »

▲ ページトップへ

結婚式余興